« ダメダメの日 | トップページ | 煌々の日 »

グラグラの日 阪神淡路大震災の思い出

昨日のうちにアップしておきたかったんだけど。

震災の日から16年がたちました。
忘れないように書き留めておこうと思います。

あの日、5時40分くらいにカタカタ揺れている感覚で目が覚めました。
地震が起きる何日か前から軽い地震が何度かあり、「またか」と思った矢先です。
20110117a

下から突き上げるようなもの凄い揺れがきました。
20110117b

当時、私と弟が2階で寝ており、父は起きてトイレに行き。母はもう一匹の猫と寝ていたそうです。
20110117c

とっさのことでどうしていいかわからず、布団を頭からかぶって悲鳴をあげることしかできませんでした。
揺れがおさまったので起き上がろうとしたら体が動かず。
下に描いているようにタンスのすぐそばで寝ていたので下敷きになっていました。
本棚も上から倒れてきていたようです。
20110117d

このままではいけない
と、何でそんなことができたのかわかりませんが
「エイヤ!」と上に乗っているタンスやいろんなものを持ち上げてなんとか起き上がり。

家族みんなで声を掛け合いました。
全員無事だということがわかってホッとしましたが
足元で寝ていた仔猫は?!
あわてて辺りを探ります。
名前を呼ぶと
20110117e

押入れの中から小さい声
20110117f
良かった、スーも無事だった。

と、そこにまたもや大き目の余震がきました。
20110117g
思わずあがる悲鳴。

20110117h
弟は私の悲鳴を聞いて助けに行こうとしたらしいのですが、ドアが開きません。

20110117i

しかも返事がない。
20110117j

どこかでガス管が割れてしまったのか辺りに嫌な匂いがしだして、なんとかして部屋から出ようと軽くパニックを起こしていました。
返事をする余裕がなかったのです。
あとから弟に「ドンだけ心配したか!」と怒られました。
20110117k

私の部屋のドアも開きませんでした。
ベランダの窓ガラスも開かなかったのですが窓を外してなんとか出ました。
20110117l
家の外に出た時にやっと「助かった。」と感じました。
ほどなくして父が母が出てきて。
弟は二階の窓から飛び降りてきて。

母と寝ていたはずの猫だけが行方不明だったのですが

向いの家の屋根の上で震えていました。
20110117m
家族全員無事で本当に良かったです。

もうこんなことは起きて欲しくないです。


Banner_02

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

|

« ダメダメの日 | トップページ | 煌々の日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5659/50623846

この記事へのトラックバック一覧です: グラグラの日 阪神淡路大震災の思い出:

« ダメダメの日 | トップページ | 煌々の日 »